六単塾は、楽しく、分かりやすいことで評判のようですが、解約はできるのでしょうか。

 

ここは、気がかりですよね。

 

六単塾は、評判がいいので学習してみたいと思いますが、続けられなくなった場合の解約は簡単でしょうか?

 

六単塾の解約については、「利用規約」に詳しく書かれているので確認してみましょう。

 

六単塾の解約については、第6条(退会方法)、第7条(返金)を見ると詳しく書かれていますので、それに従って、手続きを進めると良いのではないでしょうか。

 

内容をちょっと見ることにしましょう。

 

第6条(退会方法)

六単塾の解約は、ホームページや電話でできるみたいですね。簡単ですね。煩わしい手間が省けていいですよね。

 

六単塾のような、英語マスター講座って、入会は簡単だけど解約が面倒なことってありますよね。

 

でも、六単塾はホームページや電話でOKです。便利ですよね。

 

ただし、解約する場合は、決済日の3日前までに退塾申請をすることが義務付けられているんですよね。

 

決済日の3日前までに退塾申請を忘れると、次月以降の解約になってしまうので要注意ですよね。

 

第7条(返金)

入会してからの料金は、一切返金されないみたいです。ここも要注意ですね。

 

また、決済日前に退塾申請をしたにも関わらず、決済が遅れた場合は申請により返金されるようです。「申請」がポイントですよね。

 

申請しない場合は、戻らないってこと?ここも要注意ですね。

さらに、大事なのが年間契約の場合なんです。

基本的に年間契約の場合は、途中解約は認められないようです。入会時に、年間契約にするのか、よく検討する必要がありそうですね。

 

ただし、六単塾との間で解約が止むをえないと認められて場合は、返金されるようなので相談してみるのもいいですね。

 

六単塾は、ホームページや電話で簡単に解約ができるとはいうものの、料金の返金が認められるケースは少ないようなので、入会時に「利用規約」をよく読むことが大事ですよね。





カテゴリー : 六単塾の概要